沿革

沿革

沿革

株式会社伊藤塗工部は、建物や橋梁などの維持・保全と美観を願って、常に新しい材料に出会い、新しい技術を磨き、時代を捉えて参りました。大正7年の創業以来、絶えずチャレンジを繰り返すのは、働く者が充実した生活を実現するためであり、誇りをもって働くためであり、社会から正しく評価されるためです。必要とされる企業を目指し、業界の地位向上を図り、今日も挑戦を続けます。

1918年 大正7年1月 創業。伊藤貞吉、札幌市北3条東5丁目(現在の札幌市中央区北3条東5丁目)において建築及び橋梁塗装を手がける伊藤塗工部、硝子工事を手がける伊藤硝子部を開業。
1937年 昭和12年4月 伊藤貞吉、七人の士として「札幌建築塗装業組合(現札幌塗装工業協同組合の前身)」の設立に関わる。
1955年 昭和30年3月 組織変更。株式会社伊藤塗工部に組織替し、伊藤貞吉が代表取締役に就任。
1956年 昭和31年 塗装工場新設。北10条東12丁目に道内ではじめて静電塗装、赤外線焼付塗装工場を新設。
1957年 昭和32年 本社を札幌市北3条東5丁目から札幌市北10条東12丁目(現在の札幌市東区北10条東12丁目)に移転。
1964年 昭和39年 伊藤貞吉、寒冷地塗装の研究実践等業界発展に尽くした功績により、黄綬褒章受章。
1966年 昭和41年 伊藤貞吉、勲五等双光旭日章を賜る。
1968年 昭和43年 塗装工場を新設。発寒鉄工団地に塗装工場を新設し移転。
昭和43年12月 伊藤貞吉、正六位を賜る。 代表取締役変更。伊藤貞吉の死去に伴い、伊藤正男が代表取締役に就任。
1975年 昭和50年 伊藤正男、北海道産業貢献賞受賞。
1977年 昭和52年4月 事業内職業訓練校開校。事業内訓練、技術者養成のため、事業内単独訓練の認可を受け、伊藤塗工部高等訓練校を開校。
1983年 昭和58年7月 伊藤正男、建設大臣表彰受賞。
1986年 昭和61年11月 伊藤正男、寒冷地塗装の研究・業界発展に尽くした功績により、黄綬褒章受章。
1987年 昭和62年12月 伊藤正男、札幌市経済功労者表彰。
1992年 平成4年4月 千歳営業所、千歳工場新設。千歳臨空工業団地内に千歳工場及び千歳営業所を新設。
1995年 平成7年5月 伊藤正男、勲5等瑞宝章を賜る。
1996年 平成8年12月 伊藤清治、北海道知事表彰(職業訓練功労賞)。
1997年 平成9年7月 代表取締役変更。伊藤清治が代表取締役に就任し、伊藤正男が会長に就任。
2003年 平成15年9月 平成14年度に実施した"一般国道274号清水町清流覆道外塗装工事"(2社JV)に対して国土交通省北海道開発局帯広開発建設部部長表彰受賞。
平成15年11月 伊藤清治、国土交通大臣表彰受賞(雇用改善)。
2008年 平成20年1月 創業90周年を迎える。
平成20年6月 伊藤清治、国土交通大臣表彰受賞(内示)。
平成20年7月 代表取締役変更。伊藤清治死去に伴い、伊藤龍平、代表取締役に就任。
2009年 平成21年8月 平成20年度に実施した"一般国道40号旭川市旭橋塗装塗替工事"に対して国土交通省北海道開発局旭川開発建設部部長表彰受賞。